◆ 現在の電話受付状況(税理士在席時のみ実施) ◆
お申込み前の電話相談受付中!

 毎年お申込み頂いた方から「下記のような理由」で、思い切って電話してみてよかった・・・とのお声をよくお聞きします。
 そのような方のために、下記の時間帯に限り『ご依頼に関する税理士による電話相談』を受付致します。
 お気軽にお問い合わせ下さい。(TEL 03-5823-3120)
 (ご依頼以外の確定申告書のやり方などの一般的なご相談は、お近くの税務署へお電話下さい)

    • 依頼料金がいくらになるのか電話で確認したい
    • いきなりネットでの申込みは不安なので、まずは電話で確認したい
    • 依頼する税理士が、どんな人なのか不安なので声を聞いてみたい
    • 自分が確定申告が必要かどうか、そもそもよくわからないので確認したい
    • どのような対応をしてくれるのか不安な方 など

今後の電話対応スケジュール(掲載時現在:急遽変更となる場合があります)

    • 1月20日(木) 11時~20時 終了
    • 1月21日(金) 11時~20時(予定)
    • 1月22日(土) 11時~20時予定)
    • 1月23日(日) 11時~20時(予定)


確定申告書の作成&提出代行サービス

icon3

30秒簡単料金見積り

ご質問を選択することにより、30秒でご依頼料金が簡単見積もり可能

icon21

ご依頼の流れ

お申込みから完了までの流れを解説!

icon6

お申込みページ

お申込みはコチラよりお願いします。

税理士に依頼する10つのメリットと3つのデメリット

「税理士に依頼する6つのメリット」と「当事務所に依頼する独自の4つのメリット」について、デメリットを含めて詳細解説!

メリット&デメリットの解説ページ

このような方(確定申告する方)

 

◆ 個人事業者の方 ◆
    • 帳簿作成を依頼して「青色申告特別控除(65万円)」の適用を受けたい方
    • 領収書などの集計や申告書の作成ができない方

 

◆ お勤めの方 ◆
    • 家賃収入がある方
    • 不動産を売却された方
    • 副業(給与以外)の所得がある方
    • 2つ以上の会社から給料をもらってる方
    • 給与収入が2,000万円を超える方
    • 会社を退職し年末調整をしていない方
    • 年末調整の内容に変更や追加がある方

 

◆ 年金収入の方 ◆
    • 家賃収入がある方
    • 不動産を売却された方
    • 年金以外の収入がある方

 

◆ その他 ◆
    • 家賃収入がある方
    • 不動産を売却された方
    • マイホームを購入や新築したため住宅ローン控除の適用を受けたい方
    • 医療費控除やふるさと納税をされた方
    • 株式を売却し譲渡所得の申告が必要な方
    • 株式の配当収入や満期保険金などの収入がある方
    • その他の理由により確定申告が必要な方 など
 ◆ 当事務所の周辺地図 ◆

よくあるご質問(Q&A)

よくあるご質問一覧ページへ
  1. 確定申告に必要な書類や資料について

    確定申告で何を準備すれば良いのかわからないのですが・・・

  2. 依頼料金の確認(お見積もり)

    依頼する場合の料金はいくらですか?

  3. お申込み方法について

    申し込みはどうしたらいいですか?電話でもできますか?

  4. 確定申告書の作成担当者について

    確定申告書は誰が担当して作成していますか?

  5. 料金の支払い時期について

    料金の支払いは、いつすればいいですか?

  6. 依頼から確定申告完了までの期間について

    確定申告書を銀行や役所に、早めに提出しなくてはならないのですが、何日ぐらいでできます...

 確定申告を「しなければならない人・得する人・しなくてもいい人」の一覧ベージへ

確定申告しなければならない人確定申告すると得する人確定申告しなくてもいい人
【給与収入がある人】
・給与の収入金額が2,000万円を超えている人
・給与を2か所以上から受けている人のうち、副業の給与収入金額が20万円を超えている人
・給与のほかに、副業の収入のある人のうち、副業の所得金額が20万円を超えている人
・年末調整の内容(扶養親族など)に変更や追加がある人
・会社の役員の方で、給与のほかに、自分の会社から家賃や利子などの支払いを受けた人 など

【年金収入がある人】
・年金収入のほかに、アルバイトなどの給与収入がある人のうち、収入金額が20万円を超えている人
・年金のほかに、副業や不動産賃貸などの収入のある人のうち、その所得金額が20万円を超えている人
【給与収入がある人】
・昨年の途中で退職し、年末調整がされていない人
・昨年の年末調整が終わった後に、扶養親族が増えたなどの年末調整で漏れがあった人
・退職金を受け取った方のうち「退職所得の受給申告書」を提出していない人 など

【年金収入がある人】
・年金から差し引かれていない自分で納付した社会保険料がある人
・生命保険料控除や地震保険料控除などの所得控除がある人
【給与収入がある人】
・お勤めの会社にて年末調整が済んでいる人
・給与を2か所以上から受けていて、副業の給与収入金額が20万円以下の人
・給与のほかに副業の収入のある人のうち、副業の所得金額が20万円以下の人

【年金収入がある人】
・公的年金の収入が400万円以下で、その他の所得金額が20万円以下の人
【個人事業者の人】
・売上から必要経費を引いた所得が48万円を超える人

【不動産の家賃収入がある人】
・家賃収入から必要経費引いた所得が48万円を超える人

【すべての人】
・土地や建物などの不動産を売却された人のうち、所得金額が20万円を超えている人
・証券会社の特定口座(源泉徴収口座)以外で、株式等を売却し所得がある人
・上記以外の所得が48万円以上ある人 など
【個人事業者の人】
・売上から必要経費を引いた金額がマイナス(損失)の人

【不動産の家賃収入がある人】
・家賃収入から必要経費引いた金額がマイナス(損失)の人

【すべての人】
・昨年支払った医療費が10万円(又は所得金額の5%)を超える人
・昨年マイホームを住宅ローンにて購入した方又は増改築された人
・昨年ふるさと納税をした方のうち「ふるさと納税ワンストップ特例」をしなかった人
・昨年日本赤十字やユニセフなどの国が定めた団体に寄付をした人
・自然災害や盗難などによって、所有資産に被害にあった人
・上場株式等を売却し損失が発生した人 など
【個人事業者の人】
・売上から必要経費を引いた所得が48万円以下の人

【不動産の家賃収入がある人】
・家賃収入から必要経費引いた所得が48万円以下の人

【すべての人】
・昨年の所得が少額(48万円以下)の方
確定申告しなければならない人【給与収入がある人】
・給与の収入金額が2,000万円を超えている人
・給与を2か所以上から受けている人のうち、副業の給与収入金額が20万円を超えている人
・給与のほかに、副業の収入のある人のうち、副業の所得金額が20万円を超えている人
・年末調整の内容(扶養親族など)に変更や追加がある人
・会社の役員の方で、給与のほかに、自分の会社から家賃や利子などの支払いを受けた人 など

【年金収入がある人】
・年金収入のほかに、アルバイトなどの給与収入がある人のうち、収入金額が20万円を超えている人
・年金のほかに、副業や不動産賃貸などの収入のある人のうち、その所得金額が20万円を超えている人
【個人事業者の人】
・売上から必要経費を引いた所得が48万円を超える人

【不動産の家賃収入がある人】
・家賃収入から必要経費引いた所得が48万円を超える人

【すべての人】
・土地や建物などの不動産を売却された人のうち、所得金額が20万円を超えている人
・証券会社の特定口座(源泉徴収口座)以外で、株式等を売却し所得がある人
・上記以外の所得が48万円以上ある人 など
確定申告すると得する人【給与収入がある人】
・昨年の途中で退職し、年末調整がされていない人
・昨年の年末調整が終わった後に、扶養親族が増えたなどの年末調整で漏れがあった人
・退職金を受け取った方のうち「退職所得の受給申告書」を提出していない人 など

【年金収入がある人】
・年金から差し引かれていない自分で納付した社会保険料がある人
・生命保険料控除や地震保険料控除などの所得控除がある人
【個人事業者の人】
・売上から必要経費を引いた金額がマイナス(損失)の人

【不動産の家賃収入がある人】
・家賃収入から必要経費引いた金額がマイナス(損失)の人

【すべての人】
・昨年支払った医療費が10万円(又は所得金額の5%)を超える人
・昨年マイホームを住宅ローンにて購入した方又は増改築された人
・昨年ふるさと納税をした方のうち「ふるさと納税ワンストップ特例」をしなかった人
・昨年日本赤十字やユニセフなどの国が定めた団体に寄付をした人
・自然災害や盗難などによって、所有資産に被害にあった人
・上場株式等を売却し損失が発生した人 など
確定申告しなくてもいい人【給与収入がある人】
・お勤めの会社にて年末調整が済んでいる人
・給与を2か所以上から受けていて、副業の給与収入金額が20万円以下の人
・給与のほかに副業の収入のある人のうち、副業の所得金額が20万円以下の人

【年金収入がある人】
・公的年金の収入が400万円以下で、その他の所得金額が20万円以下の人
【個人事業者の人】
・売上から必要経費を引いた所得が48万円以下の人

【不動産の家賃収入がある人】
・家賃収入から必要経費引いた所得が48万円以下の人

【すべての人】
・昨年の所得が少額(48万円以下)の方